ご挨拶

段ボール事業
粘り強く、歩み続ける。

社長の荒川 豊です。

新たに47期を迎える、2018年7月より社長に就任いたしました。

藤沢紙工は創業以来、社会の変化がもたらす成長機会を確実に捉えて、段ボールのボックスメーカーとして、新しいビジネスモデルを進化させてまいりました。段ボール事業で培った「多品種・少量生産・小口配送」を、幅広い産業分野における卸売業、商業印刷事業と組み合わせることによって、複合的な製品・サービスの「付加価値力」、「柔軟な対応力」を、多くのお客様にご提供してまいりました。

お客様におかれましては、長年に渡りご愛顧いただきまして、誠にありがとうございます。そして厳しい経済環境下でも、多大なるご支援いただいているお取引先様に、心より感謝申し上げます。

新年度からは、化粧品事業において、新たな分野に投資を進める予定です。具体的には、シリコンゴム加工機、金属加工機を増設し、化粧品の充填事業にも参入いたします。また、海外需要に対応するため、2018年末にはインドネシア事業所を新たに開所いたします。
これまで以上に、お客様、仕入先様との「共創力」を高めることで、私たちを取り巻く社会や経済の激しい変化に対応できるような「Agility(俊敏性)」をお客様へご提供していきます。

藤沢紙工は、今後も社員一人ひとりが、真摯にお客様の声に耳を傾け、創造力と現場力を持ち、粘り強く、お客様の課題に取り組んでいく所存です。

今後とも一層のご支援を賜りますよう宜しくお願い申し上げます。

sign_426x115
代表取締役社長 荒川 豊
2018年7月
〒253-0073
神奈川県茅ヶ崎市中島1158-6
Copyright © FUJISAWASHIKO K.K. CO., LTD. All rights reserved.